<< 母の緊急入院 | main | もう春ですね。 初めての花粉症 >>
天寿ガン 母にありがとう

JUGEMテーマ:日記・一般

 

緊急入院以来 29日という早さで逝ってしまいました。

 

92歳のお誕生日を迎え 田舎の家の解体の話も進んでいるその最中で

突然ガン宣告を受けました。本人も理解できずに 逝ったのでは?

 

胆のう癌 見つかった時点で肝臓にもたくさんのガンが転移

胆管も詰まってしまって 黄疸もひどくなってしまいました。

 

胆汁を体外に出す手術(ドレナージ)も説明がありましたが、

手術自体も高齢の母にはリスクがあり、手術を受けても

結果は良くないということでした。

 

日に日に黄疸がひどくなっていく自分に

 そして治らないという事実にショックを受けたのです

 

母がガンを知って 亡くなるまで言った言葉

 

 “92歳まで生きたんやからいつ死んでも良いけど、

     この時代100まで生きれるんやから

  もう少し生きたかったわ…”

 

 “死ぬのは怖くないけど、どんな死に方するんかな・・・?”

 

 食事も食べれなくなって

 “このまま 弱って死んでいくんやわ・・・”

 

 主治医の先生が様子を見に来て下さったときに

 “先生 私は寝たっきりになってしまいました”

 

 寝たっきりになり 目も閉じたままで

 “なかなか 死なれへんね・・・” 

 

 “私は皆に迷惑を掛けるために大阪に来たみたいやね”

 

   いやいや 私は母を最後までみようと思って大阪に呼んだんだよ

 

 なくなる7時間前

 “待って 待って” 

 

何を待つのか? 私たちに言っているのかな?と思ったが

手を拝むように組んだのが不思議でした

 

 

 いつもの勝気な母が気弱になっていくことが 一番の悲しみでした。

 

 いなくなったけど、娘にとったら 母はやっぱり永遠なのです。

 ケンカしたことが思い出になるのかな・・・

 

 

| - | 15:54 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
シェリィママさん ありがとうございます。

父が最初に亡くなったときは残された母を心配するあまり
今回のように泣いてばかりおれませんでした。

主人の父母(義父母)がなくなったときは 
嫁としての義務を果たしたみたいな感じがあり、
はやりこんなに泣いてばかりはいません。

今回は最後の親ということもあり、私の人生で一番母と接した
7年だったからでしょうか。

妹たちに まだ泣いてるの?と聞かれると うん と答えます。
| kuni | 2019/02/11 9:55 PM |
お母様へ ありがとう
のメッセージを読ませていただいている途中も
涙が溢れてきました( ; ; )

お母様は、
100歳まで 生きていて欲しかったですね。
入院されてから、急いでしまいましたね。

私の父も 肝臓ガンで 足がむくんで
重そうでしたが、最後は
多臓器不全で亡くなりましたから
全部が ダメになってしまったのでしょうね。

お母様は、大阪に来られてから、
大好きな娘と 沢山お話が出来、
最高に お幸せだったことと思います。

お母様、今頃 kuni先生の様子を
眺めているでしょうね。
お母様は 永遠ですね。
kuni先生のお傍にいらっしゃるでしょうね。

| シェリィママ | 2019/02/11 6:41 PM |
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

  • (1)

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH